ディーラー買取は次の車の購入が前提となるので現金化は不可能

車を処分するとき、次に新車を買う予定があるなら、前の車はディーラー買取に出したほうが効率よく処分することができます。なぜなら、ディーラー買取なら、新車の購入と前の車の売却を同時に行うことができるからです。これは確かに利便性のよさという点でメリットがあるといえます。

しかしその一方、ディーラーで下取りに出すと、車の売却代金は新車の購入代金から値引きされるので、お金を現金化できないというデメリットもあります。また買取金額についても、普通の車買取の金額より低くなる可能性が高いといわれています。

一方、インターネットの一括査定を使って普通の買取業者で売れば、下取りよりも高く売ることができます。なぜなら、一括査定では複数の車買取業者に査定オファーを出すからです。

複数の会社が一台の車を査定すれば、そこに競争が生まれるため、その競争によって値段が上がりやすくなるのです。この価格競争がないところが下取りの欠点でしたが、逆に車買取の場合は業者同士の競争があるところが長所となっています。

一括査定を使った車買取は、新車購入の場合は少し手間が増えますが、それでも買取金額の大きさでいえば、下取りよりもメリットは大きくなります。